WordPressのテーマを変更しました!

アドフラウド(Ad Fraud)とは 意味/IT用語集

「アドフラウド(Ad Fraud)」とは?

アドフラウド(Ad Fraud)とは、botなどの自動プログラムを悪用して不正に広告のインプレッションを増やしたり、広告クリックを水増ししたりすることで、広告主に対して不当な報酬を要求する行為または手口の総称を意味します。またアドフラウド(Ad Fraud)は主に、インターネット広告に対して使用される場合が多いです。

「Fraud(フラウド)」は直訳で「詐欺」を意味しており、その名の通り「広告詐欺」となります。

別名

広告詐欺、アド詐欺、インターネット広告詐欺、デジタル広告詐欺、デジタルアドフラウド

3行で理解する「アドフラウド(Ad Fraud)」

  • アドフラウド(Ad Fraud)は広告詐欺のこと
  • botなどの自動プログラムを悪用して不正に広告のインプレッションやクリックを水増しする
  • 人間がアクセスしたように見せかけて広告を表示し、広告費を搾取する

5つの例文で理解する「アドフラウド(Ad Fraud)」の使い方

  • 日本のアドフラウド(Ad Fraud)対応は欧米に比べて遅れている
  • 米国では、アドフラウド(Ad Fraud)による損失額が年間8,000億円規模になっている
  • 日本国内のアドフラウド(Ad Fraud)の割合は米国ほどではない分、危機意識が薄い
  • DFP(DoubleClick for Publishers)では、アドフラウド(Ad Fraud)対策のために、ads.txtを使用し、認定販売者を宣言することが推奨されている
  • アドフラウド(Ad Fraud)問題を解決するためのアドフラウド対策ツール・サービスを調査する