WordPressのテーマを変更しました!

ASO対策とは 意味/IT用語集

「ASO対策」とは?

ASO(Appli Store Optimaization)とは、App Store最適化を意味します。

数年前までは「App Store内でのSEO(検索エンジン最適化)=特定のキーワードで対象アプリの検索順位を上位表示させる施策」だけを指すことが多かったですが、ここ数年ではアプリマーケティングにおいては、「App Store内でのCRO(コンバージョン最適化)=アプリストアの検索結果ページまたは詳細ぺージを見たユーザーのダウンロード率を上げるための施策」を含めて利用されることが多いです。

ちなみに、ASOという言葉が生まれた当初は、iPhone向けアプリストア(App Store)内での施策のみを対象に用いられておりましたが、Android向けアプリストア(Google Play)にも適用されるように変化しています。そのため、ASOは「App Store Optimaization」から「Appli Store Optimaization」の略語に変わったという背景があります。

3行で理解する「ASO対策」

  • ASO(Appli Store Optimaization)とは、App Store最適化のこと
  • ASO=SEO×CRO(アプリストアが対象)
  • ASO対策はキーワード順位だけでなく、アプリストア内でのDL数向上への施策全般を指す

5つの例文で理解する「ASO対策」の使い方

  • アプリのインストール数を増やすためにASO対策を実施する
  • ASO対策によりアプリ詳細ページからのコンバージョン率が20%増加した
  • アプリストア内での主要キーワードの検索順位がASO対策により上昇した
  • ASO対策は継続的に実施することが重要だ
  • App Store内でのCRO(コンバージョン最適化)はASO対策の一部である