WordPressのテーマを変更しました!

DFP(DoubleClick for Publishers)とは 意味/IT用語集

DFP(DoubleClick for Publishers)とは?

DFPはGoogleが提供する「DoubleClick for Publishers」の略称です。DFPでは、Webメディアの広告枠の収益最適化を行うことができます。またアドサーバーや広告サーバーと呼ばれることもあります。

別名

Google アドサーバー、Google 広告サーバー

3行で理解する「DFP(DoubleClick for Publishers)」

  • 1つの広告枠で複数のアドネットワーク(例:Google AdSense)やASP(例:バリューコマース)の管理ができるツールのこと
  • 広告枠や広告カテゴリ、OS毎などにによる広告単価の調整ができる
  • 広告単価を最適化することができる

5つの例文で理解する「DFP(DoubleClick for Publishers)」の使い方

  • 自社のWebメディアにはDFP(DoubleClick for Publishers)を導入している
  • DFP(DoubleClick for Publishers)はGoogleの提供するアドサーバーである
  • 企業のメディア運営者にとってDFP(DoubleClick for Publishers)は必須ツールだ
  • DFP(DoubleClick for Publishers)には無償版(DFPスタンダード)と有償版(DFPプロ)がある
  • 無償版(DFPスタンダード)では月間9,000万impまでは無料で利用できる

「DFP(DoubleClick for Publishers)」の関連記事

【DFP活用ガイド】メディア向けアドサーバー DFP(DoubleClick for Publishers)の基本知識とは?