WordPressのテーマを変更しました!

【ディレクションを考える】制作スケジュールを日単位で作成すべき6つの理由

Webサイトやアプリを制作する際、ディレクションを担当するあなたはどのようにスケジュールを作成していますか?

各工程の管理し、正しくリリースを迎える上でスケジュール表はディレクターの羅針盤のような役割を果たします。

そのため、スケジュール表がお粗末だったり、世に言うざっくりスケジュールであったりすると、そのような残念な羅針盤が原因でプロジェクト自体の遅延や失敗を招いてしまいます。

私は日々のディレクションを行う上で、プロジェクトのキックオフ時にはスケジュールの可能な限り日単位に作成するように心掛けています。

前述のとおり、スケジュール表=羅針盤の役割を担います。今回の記事では、私がなぜディレクターは制作スケジュールを日単位で作成すべきだと考えているのかという点に焦点を絞って説明させていただきます。

制作スケジュールを日単位で作成すべき6つの理由

1|制作工程におけるToDoを整理できる

日単位のスケジュールを作成しようとすると、どのような作業が発生する可能があるのか?何を想定すべきなのか?を整理することができます。

ToDoが見えていないとプロジェクトは迷走しがち。次に何を考えるべきかを並べておき、その作業に掛かる時間を想定できていれば、スケジュール遅延のリスクを減らすことが可能です。

2|休日・祝日による歪みを補正できる

予め日単位でスケジュールを作成しておくことができれば、土日や祝日による非作業日の存在を視野入れておくことができます。

土日による工数の増加はプラスに働きますが余裕があるためにだらけがち、工数の減少は一時的であっても負荷となりますので、プロジェクトの健康状態が良いとは言えません。このような作業の波を作らず、安定してプロジェクトを進めることはディレクターにとって非常に重要であり、不足の事態にも臨機応変に対応できるようになります。もちろんプロジェクトメンバーのモチベーション維持においても貢献してくれます。

3|スケジュール上の課題を発見しやすい

日単位でスケジュールを作成することで、時間上の無理が可視化されることはもちろんですが、作業担当者が重複している工程や前工程の完了を待たなければいけない工程を発見しやすくなります。

課題の発見が遅れてしまうと対処できないまま進まざるを得なかったり、最悪の場合、スケジュール遅延や失敗を引き起こしますので、注意が必要です。

4|プロジェクトメンバーが進捗状況を確認できる

プロジェクトを一人で管理しようとはせず、誰もが進捗状況を把握できるようにしておけば、プロジェクトメンバーによる自己管理やアサイン変更時のスムーズな情報共有を促進してくれます。

ディレクターの中には一人でタスクを抱え込むタイプの方がいますが、私はプロジェクトメンバー各々が自立し、チームワークを最大限に発揮するためにディレクターが存在していると考えています。

5|マイルストーンを決められる

スケジュール管理において、マイルストーンが何になるのかを事前に把握しておくことが重要です。

特にクライアントワークの場合は、クライアント都合で遅れや巻き戻り等が発生しやすい傾向があります。何がいつまでに完了していなければならないのか?が分かっていることで、クライアント側にも期日を守るという共通の意識を作ることができます。

6|効率を求めることができる

ディレクターは安定してプロジェクトを進めることだけでなく、売上・利益も求められたり、プロジェクトにおける収支管理も重要な役割です。スケジュール表を詳細に作成することができれば、時としてプロジェクトメンバーが前行程の完了待ちとなる場合があります。その状態を正しく把握できれば、進められる別の作業などを割り当てることが可能です。

おわりに

ディレクションにおいて、スケジュール表が重要だということをご理解いただけたでしょうか。今後もディレクションに関するノウハウを積極的に配信する予定です。もしよろしければメルマガ登録かブックマークをお願いいたします。